ケルトを巡る旅と運命数8の不思議

久しぶりの記事になります。

どうしても...
書き残しておきたい
9月に訪れた
アイルランド🇮🇪旅の不思議。

なんとなく
今回の旅は、
ケルトに関する
場所を巡るので
少し特別な節目に
なるような気がしていました。

久々に、
私の魂を巡る旅に
なる予感がしたのです。

そういう旅になる時は
大いなる存在みたいなものから
守護されている感じがします。

そのサインを見せて欲しい!と
天使?のような存在に
お願いすると
一番分かりやすいのは
数字で、"奇跡"を表してくれます。

私も、詳しくは無いのですが
カバラ数秘術、などの
数秘で調べてみると
私の誕生数、運命数は、"8"
なのです。

因みに、私の夫も同じです。

ですので、私たち2人が関わる
家の住所や部屋番号なども
何故だか、この8という数字が
入っていたり、
全ての数字を足していき
最後に8となると、ちょっと
嬉しかったり、、、。

そして今回の
アイルランドへの旅でも
8という数字が不思議と
関わる事が多く、驚きました!

まずは、ダブリン行きの
飛行機の座席番号が8E番‼︎
幸先の良いスタート!

そして、ダブリンで宿泊した
ホテルの部屋番号も、、、
なんと!
4+3+1は、8😱‼️

まあ、これくらいは
よくあることかもしれないし
偶然って凄いなぁと思いましたが、、、

一番驚いたのは
レンタカーをした車のナンバー!

4+1+9+9+3は、
26で、2+6は、8‼️😍🙏🍀🇮🇹❤️

やっぱり8が、出てきたので
きっと、やはり、
アイルランドへも
こうして来られたのは
何かのご縁というのか
運命だったのかなあとか、
この国が呼んでくれたからかなぁ
なんて、思えたのです💓

勿論、夫は、そういう類の話は
全く信じてくれませんし
こじつけだよ?!と
笑って相手にしてくれませんが、
私は、どんなことにも
意味があり、
偶然も必然だと思うのです。

ダブリンで、見た天使の梯子!
奇跡の絶景✨✨✨
これもまた、きっと天からの采配…

ケルト人たちにとっては
聖地と呼ばれる"タラの丘"

丘の上に立つ石柱(運命の石)に
触れながら
願いを込めて三周すると
叶うと言われているとか✨✨✨

自分の運命は自分で決めて
創造していく為の決心をして
周りましたが、なんだかまた、
新しい扉が開いたようにも
感じました。

丁度、運命数8の私は、
2018年が新しいスタートを切る年
なのだそうです。

すると、タイミングよく?
不思議なことに
10月になってから
あれこれと、新しいことに
チャレンジしすることになったり、
新しいことが、どんどんと
自分や周りで始まっていくし
今迄躊躇していたことに対しても
やらざるを得ない状況に立たされ
兎に角、毎日、多方面から
ご依頼やら相談など
舞い込んで来て、、、
てんてこ舞いな
激動の日々を過ごしています。

あっという間に、 タラの丘の上で
願ったことが叶ってしまいました!

まさか、
こんな事が起こるだなんて
数ヶ月前の私には
とてもじゃないけれど
想像さえも出来なかった事が
起こっていたり
ずっとやりたいと思い続けていた事が
いとも簡単に、出来てしまったり、
欲しいと思っていたものが
手に入ったりと 
色々な事が、スムーズに進み
まさに、流れに乗り
物事が、正しい方向へと
流れ出しているのかなぁと
感じています✨✨✨

こういう時は
本当に、時間の流れが速いです。
そして、楽しい!
心から、ワクワクする喜びを
しっかりと受け止め、
噛み締めながら、
私の中にある、宝物たちを
周りの方々へも、惜しみなく
分け与え、愛と感謝を巡回させていく✨✨✨✨✨

そんな毎日ですが、
いまこの瞬間が愛しく幸せに
思えることに、改めて感謝です。
生きている実感が、私を奮い立たせ
勇気と力を与えてくれます。

数ヶ月前までは、
また病を克服することで
精一杯の私でしたが
決して諦めなければ
こんな風に
人は何度でも立ち上がって、
前を向いて生きていけるのだと
信じています✨

運命数8を調べてみると
理想と現実をバランス良く持ち
最後までやり抜く強い意志で
夢を叶えることが、得意なようです。

私の夢は、まだまだ
始まったばかりです💓

また、次の扉を開けて
一歩踏み出していきます!













**Rosalita**巴花と奇跡を巡る旅

ヨーロッパを中心に 魂を巡る旅人”巴花”が 奇跡を繋ぐ物語。 人やモノとの出逢い。 ご縁や創作が もたらす不思議な奇跡。 精油(エッセンシャルオイル)からのメッセージ。 植物の叡智が紡ぎだす 奇跡の数々を・・・ 貴方のハートへお繋ぎします✳︎